2018年10月22日

FBAへの商品発送

おはようございます。
Kすけです。

アマゾンに商品を発送する場合のぷちポイントについてお伝えします。

FBAを使う事を前提として書きます。

定期的に纏まった量の商品を発送する事になりますので、以下の物は準備しておいた方が良いです。

・段ボール
商品の量や大きさによって箱は使い分けた方が良いです。
FBAに送れる最大の大きさは160cm。重量は30kg。
商品に合わせて使い分けてください。
参考URL
https://www.boxbank.jp/

・緩衝材
商品自体はぷちぷちで梱包すると思いますが、それだけでは輸送時に破損してしまう可能性があります。
その為、段ボールに商品を入れる場合、底面に新聞紙やぷちぷちを敷き、商品と商品の間にもぷちぷちや新聞などの緩衝材を入れておく事をお勧めします。

・配送業者
商品を段ボールに詰め込んで配送業者に持っていくのは大変だし時間がかかります。だから集荷を頼んで発送する方が楽です。
一人暮らし等で時間的に難しいならコンビニなどで送る必要がありますが。。。

集荷してもらう場合も、会員になると安くなったりポイントが付いたりするものもあります。
幾つか事例を出しておきます。

例えばヤマトは
送料に対してTポイントが付きます。
クロネコメンバーズに会員登録すると、送料が10%引きになります。
さらに規模が大きくなると送料が15%引きになります。
10%と15%の違いはチャージする金額です。

そしてTポイントとクロネコメンバーズは併用できます。


イプシロン
日本郵便の場合は基本的に持込や同一宛先割引以外の割引サービスはよく知りませんが、GMOが運営しているイプシロンというサービスをに加入すると郵送代が安くなります。

西濃運輸や佐川運輸は法人相手の取引が主ですが、交渉次第では送り先が法人相手の場合は割引にて契約をして頂ける場合もあるようです。

試してみて頂ければ幸いです。
posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | 転売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

中古品の転売では商品説明が重要

おはようございます。
Kすけです。

新品商品では商品説明は重要ではありませんが、中古商品を販売する場合は商品の状態をきちんと説明しておくことをお勧めします。
・付属品は何があるのか。
・商品の傷やくすみなどの状態。
・商品使用感。

特に難がある商品や欠品しているモノがある場合は、キチンと記述する方が良いです。

付属品が何が不足しているのか?商品の汚れがどうなのか?
傷や欠けがどうなのか?を丁寧に伝えるんです。

そうすることでクレームや返品リスクも減ります。

そして良い部分の記載も重要ですが、誇大表現にならないように注意した方が良いです。


これも、逆の立場(購入者)になった時にどう感じるか。
を意識しておくと良いと思います。

買ったものが、書いてある内容と違ったら怒りますよね。返品したくなりますよね。

これ、ウェブで買う場合だけではなく、レストランに食事に行って来た食事が違っていれば嫌な気持ちになりますよね。
それと同じです。
posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | 転売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

アカウントの健全性を保つには

おはようございます。
Kすけです。

前回ご説明した規約を守る事もありますが、それも含めた「アカウントを健全に保つ」事が必要です。

注文不良率:1%未満
顧客満足度を維持する能力を判断する指標で、 指定された60日間と90日間の注文の合計に対するすべての注文不良数の割合で計算されます。

対象となる指標は
・低い評価を受ける
・マーケットプレイス保証申請をされる
・質問回答時間(24時間以内の回答)

注文不良率の目標を達成できていない場合や目標を大きく下回る期間が続けば、
アマゾンから警告を受け、出品者側は業務改善報告を提出する必要があります。

それでも改善しない場合、場合にによってはアカウント停止になってしまう可能性があります。

その他、自己発送の出品者は、注文キャンセル率や出荷遅延率なども守る必要があります。

アカウントが傷つく事で一番多いのは、「低い評価を受ける事」だと思います。

少し前の記事「ショップの評価」でも話しましたがアマゾンの評価は星4以上が良い評価。
3以下が悪い評価。

通常3というと「普通」と思われるのですが、アマゾンでは悪いと評価されてしまうんです。

悪い評価をもらった場合は、評価を削除する為の対応を行った方が良いですね。

購入者にご連絡してご説明し評価を取り下げてもらう。など。

その他の方法も活用し評価を高評価で保つ必要があります。

posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | 転売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする