2018年10月25日

転売が出来る人と出来ない人って何?

おはようございます。
Kすけです。

ここまで転売の事についてお伝えしてきましたが、物理的にと言うか。転売に向いている人と向いていない人がいます。


転売の特徴として、軌道に乗ってくるまではかなり労働が必要です。

ネット仕入れでも店舗仕入れでも作業を続ける必要があります。

普通に仕事をしている人は、この作業を早朝か夜にやる必要があります。

仮に、夜遅くまで働いている人は、家に帰ってから転売の作業を行う必要があります。
仕事から帰ってきて、その時間から毎日転売の作業ができるかどうかです。

副収入を得る為には何かの犠牲が必要なんです。
・家族団らんの時間とか
・遊ぶ時間とか
・お酒を飲む時間とか
これらは我慢すれば良い話ですが、

・睡眠時間を削る

夜遅い場合、この時間を削るのは中々辛いです。

私は、転売を始める前は
会社の仕事から帰ってくるのが平均23時でした。
それを21時くらいまでに早める努力をして、作業時間を確保し平均2時まで作業していました。
だからその頃は常に寝不足でした。

私が差し出した代償は、まさに団らん、遊び、お酒、睡眠でした。

会社や友人との付き合いも悪くなりましたし、常に寝不足で昼間眠くなることが多々ありました。
お酒を飲まなくなったので、ガンマーGDPは下がりましたが。。。

やるなら、それなりの覚悟と何かを犠牲にする必要があります。

そして、それを半年は継続しなければ軌道に乗っては来ないと思います。
覚えることや、やることはある程度決まっているのですが、
続ける為のマインドが無いと難しいと思いますし、1人でやろうとしても甘えが出て続かない可能性が高いです。

私が教えた人も、週に2回必ず行動したことを報告して頂いていました。
義務化することで、習慣化するまでやり続けて頂いた。というのが正しい言い方かもしれません。
posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | 転売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする