2019年12月12日

不動産投資のリスクとは?

おはようございます!
Kすけです。

不動産投資シリーズ
第3話

「不動産投資のリスク」
リスク.jpg

についてお伝えします。


前回まで、不動産投資のメリットをお伝えしてきました。
・売却益と家賃収入
・黄金率

今回は
不動産投資のリスクをお伝えします。

良いことばかりではありません。
リスクもあります。

そして、不動産会社や売る人からは
この様な事はあまり聞くことが出来ないと思います。

リスクとは

例えば、この様なケースです。
・市場価格より高く買ってしまう
・家賃が下落してしまう
・空室になって家賃収入が入らない
・家賃の滞納
・災害が起こりやすい場所に買ってしまう
 被災する
・金利が上がってしまい返済額が多くなる
・維持修繕費が余計にかかってしまう

あと、今後の日本は
・人口が減るという事もリスクです。


これら全て、不動産運営を行っていく上で
障害となる事です。

例1
物件価格2000万円で買ってしまったとします。
周辺の価格を調べたら
1700万円でした。

300万円も損してしまいます。
でもこういうケースが非常に多いです。

その理由は
不動産会社も利益を出す必要があるから。

出来るだけ高く売り利益を出したい。
だから知らない人は損します。

例2
家賃の下落。
家も年数が経つと劣化します。
当然、新築より中古の方が家賃は低いです。
少しずつ家賃は下落すると考えた方が良いですが、それを不動産会社はシミュレーションせず収益計算してきます。

不動産を買った時は良くても
年数が経つと家賃を下げなければ
空室期間が長くなる。
だから家賃を下げる必要がある。

この様な事も考えておく必要があります。

例3
空室になるリスクもあります。
長い期間持っていると
空室になる事は必ずありますが、
直ぐに入居が決まるか、決まらないか。
それによっても負担は全然異なります。

家賃が高いのか?
需要が少ない地域なのか?
理由は様々ありますが、

必要なことは、空室にならないようにする必要がある。
それは買う前に考えておく必要があります。


いろいろなリスクがあります。
どうしようもない事はありますが、
大部分は事前に潰すことが出来ます。

リスクを知り、対策をとる。
これが大切です。


次回は「不動産投資の種類」
についてお伝えします。


今回も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


普通のサラリーマンでも
マルチキャッシュポイント構築術!
こんな提案をしています。


LINE@友達登録お願いします
興味がある方、何か気になる事などがあればメッセージ頂ければ返信させて頂きます。
>>友達登録はこちらから<<

無料メルマガやってます。
https://twelfth-ex.com/rg/156385/1/
不労所得関連、また私のプライベートの事も
配信しております。
posted by Kすけ at 08:00| Comment(1) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする