2019年12月15日

夢を実現する為に

こんにちは!
Kすけです。

私は今、平均して月に50万円程度の利益が
出続けています。

過去の実績がこちら
不労所得10月分の利益


月利50万円もあれば十分でしょ!
そう思われるかもしれません。

実際、生活していくうえでは
問題ないです。

でも今行っている運用が
5年後も継続しているか?
10年後も利益を出してくれているか?

それは分かりません。

先行者利益!

こういうものだとも思っています。

個人の夢になるのですが、
私は家族で世界遺産や絶景100選などに
早めに行きたいと思っています。

でも無くなってしまったものもあります。

ノートルダム大聖堂
首里城


まだ大丈夫だけど
マチュピチュだって閉鎖される可能性
ウユニ塩湖だってどんどん汚れている
白川郷(危なかった)

写真はマチュピチュ
マチュピチュ.jpg


いつ何処で無くなってしまうかどうか
分からない。

見れる時に見ておく。
体験できる時に経験しておく。

無くなってからでは後悔しても
後悔しきれませんから。


質問させてください。

あなたの夢は何ですか?



その夢を実現する為に行動してみませんか?

そのキッカケがこの
不労所得セミナーになれば!
と思っております。

■不労所得セミナー
忙しいサラリーマンの為の
不労所得セミナー

12月18日(水)
21時~

ZOOMにて


そして
あり得ない特典も用意しました。
その特典はセミナーで発表しますが、
期間限定とさせて頂きます。

今回も最後までお読み頂き
ありがとうございました。



少しでも関心のある方
疑問がある方

私のライン@まで気軽にご連絡をください。
http://nav.cx/iBGPbuw
posted by Kすけ at 18:00| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資-物件の見方1(資料を入手した時点で判断すること)-

おはようございます。
Kすけです。

不動産投資シリーズ
第5話

「物件の見方」
ワンルームマンション.jpg

についてお伝えします。

今回からは不動産投資の中でも
比較的始めやすい区分について、
物件の見方をお伝えします。

私は物件を紹介してもらった際に
主に3段階で判断しています。

1.物件資料を見た時にその場で判断する内容
2.持ち帰って調べる内容
3.物件を見に行く

1については
・場所
・価格
・家賃
・広さ
・管理費及び修繕積立金
・築年数と構造
・ターゲット層

そして、前提条件として、
区分マンションは
「1K」若しくは「ワンルーム」です。
一人暮らしの人がお客様層となります。

この辺りから表面的に見て
利益が出るかどうかを判断します。


【場所】
場所によって、物件価格も人気も大きく変わります。
最寄り駅は?
駅から徒歩何分か?
を確認します。

何故かと言うと
駅から遠いと物件の魅力が落ちる可能性が高いから。
駅は出来ればターミナル駅が理想です。
駅徒歩8分以内を探します。

仕事に行く事を考えた時。
利便性の良い場所に住みたいですよね。


【価格と家賃、部屋の広さ】
相場の予測がつく様になるまでは判断が難しいので、資料の段階では参考程度に把握します。

可能ならローン返済を計算できるアプリをスマホに入れておきます。
その場で年利2%程度で35年ローンを組んで、毎月のローン返済額を概算で出します。

これで家賃との差額が出るので一次判断には役立ちます。

物件価格も家賃も相場が大切。

多くの人がどの程度の家賃なら住むのか?
そこを調べる必要があります。

広さは都内でも20m2以上は欲しいです。

狭い部屋でも良い!
という人も居ますが、
物件を選ぶ際は、多くの人が好む条件を基準にすることが大切です。

場所も物件価格も家賃も部屋の広さも
上記内容が必ずしも正しい訳ではなく、
状況により採算が合うのかを判断する必要があります。

例えば、
16m2の部屋で築古でも
物件価格が安ければ家賃を下げても
利益が出ますね。

地域性、住む人の属性などにより
価格も変われば部屋も変わる事を意識する事が大切ですね。

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。


普通のサラリーマンでも
マルチキャッシュポイント構築術!
こんな提案をしています。


LINE@友達登録お願いします
興味がある方、何か気になる事などがあればメッセージ頂ければ返信させて頂きます。
>>友達登録はこちらから<<

無料メルマガやってます。
https://twelfth-ex.com/rg/156385/1/
不労所得関連、また私のプライベートの事も
配信しております。

posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする