2019年12月23日

不動産投資!融資と属性について(一部自己資金投入)

おはようございます。
Kすけです。

不動産投資シリーズ
第8話

「融資と属性(一部自己資金投入)」
不動産.jpg
についてお伝えします。


前回は、融資の条件とか銀行の評価
という内容をお伝えしました。

不動産投資!融資と属性について

今回はその融資を受けて行う
不動産投資ですが、何処まで融資を

使うのか?
使えるのか?

これらの視点を踏まえて

2.一部自己資金を入れて購入

について説明します。

よく言われるお勧めの手法です。

頭金を1割とか2割入れて
残りを融資を受けて運用する手法です。

そうすると、毎月手元に残るお金
(家賃収入-ローン-経費等)が
プラスで回る金額が大きくなります。

メリットとしては
・毎月の利益額(キャッシュ)が良くなる
・銀行に払う金利分の費用が抑えられる
・金利変動リスクが軽減される
・融資が受けやすい
・なにより精神面的に負担が少ない

銀行から融資を受ける際には、頭金が多いほど信頼されローン審査が通りやすくなります。

銀行側からすると安心材料にもなる訳です。

逆にデメリットは
・自己資金が減る
・自己資金が少ない人は資金不足に陥る
例えば、不動産は2000万円とかしますから、
その1割といえば200万円。
自己資金200万円しかない人であれば
何か緊急の出費があった時には支払いが出来ない。
という事になります。

例えば、
固定資産税、部屋内の設備破損修理、空室
などが挙げられます。
エアコン、給湯器が壊れた!
そんな時の修理費用は大家さん持ちです。

そして大きなデメリットは
その他の資産運用をおこなっている人にとっては運用機会損失!
これは痛いです。


【まとめ】
一部頭金を投じて不動産投資を行う手法は
毎月の利益が大きくなり
銀行に余計な金利分を払う額も少なくなる。
また、借入額が小さくなるため、物件を増やしていく予定の人にとっては頭金は必要かもしれません。

ただ、銀行に払う金利分よりも他の運用等で稼げる人にとっては、頭金が手元から無くなる分、利益拡大のチャンスを逃すことになります。



今回も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


普通のサラリーマンでも
マルチキャッシュポイント構築術!
こんな提案をしています。


LINE@友達登録お願いします
興味がある方、何か気になる事などがあればメッセージ頂ければ返信させて頂きます。
>>友達登録はこちらから<<

無料メルマガやってます。
https://twelfth-ex.com/rg/156385/1/
不労所得関連、また私のプライベートの事も
配信しております。
posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする