2020年03月16日

不動産売却の見落としがちなリスク(その2)

おはようございます。
Kすけです。

今回も前回に続き不動産の売却です。

不動産を売る。
そんな経験をする事って
そう多くないと思います。

ですが、不動産投資を考えている方
若しくは不動産(マイホーム)を持っている人は、今後売却を考えるかもしれませんね。

そんなレアなケースですが
レアだからこそ。

売却にする際にこんなケースもありました。

【その2】
高値を出したA社。

B社から
2000万円よりも高値で買いたいという買主が居ます。
交渉を頑張りたいんです。

ただ、
一般媒介だと買主に交渉し辛いんです。

契約出来る確証が無いですから。

だから専任の媒介契約を結んでください。

という様な言い方をしてきます。

専任を結ぶとその会社だけが契約の権利を持つ事になり、売主に対して有利に交渉を進める事が出来る様になります。

そして。
やっぱり高値が出なかった。
だから少し金額を下げてもらえませんか?

といった具合に交渉してきます。

そして
グイグイ圧力をかけて、
早くしないと価格が下がるとか、
今回のがベストな条件だとか
色々言って価格を下げて
早く売却しようとしてきます。

その圧力に負けて安値で売却してしまう人も多いと聞きます。

対処方法は
専任などの絞られる販売手法を選択せず
一般媒介を結ぶ。

不動産会社の言う通りにする必要は全くありません。



【その3】

またこんな不動産の営業も居ました。

他社さんは幾らですか?
他社が金額出して来たら教えてください。
その金額より絶対高い金額を出します。

それを断ると

何故ダメなんですか?
高値で売りたいんでしょ。
そう言いましたよね?

売主さんの為に一生懸命頑張ってるんですよ
やらせてくださいよ


こんな感じの応答が永遠と続きます。


売主が誰と契約しようが自由。
高値で必ず売らなければいけない。
という理由も無いし、
前回お伝えしたように買主が居ない場合だってあります。

対処法としては
交渉が得意な人は
相手の金額を天秤にかけて
買付証明を貰う。

交渉が苦手な人は
こう言うと良いと思います。

一度出して頂いた金額の中で決定します。
勝負金額を提示してください。
合わせて買主の買付証明もお願いします。
その際、私の手残り金額も教えてください。



幾つかのパターンをご紹介しました。

この様にハッタリに近いような事を言ってきたり
売主をハメたり。
その様な事が往々にしてある業界です。

だから知識をつけて交渉するか?
若しくは知識と経験のある人を味方につけ、
不動産会社と交渉する。

これが不動産を高く売る秘訣ではないか?
と思います。

今回も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


普通のサラリーマンでも
マルチキャッシュポイント構築術!
こんな提案をしています。


LINE@友達登録お願いします
興味がある方、何か気になる事などがあればメッセージ頂ければ返信させて頂きます。
>>友達登録はこちらから<<

無料メルマガやってます。
https://twelfth-ex.com/rg/156385/1/
不労所得関連、また私のプライベートの事も
配信しております。
posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする