2020年03月17日

不動産売却の流れとお宝が生まれる時

おはようございます。
Kすけです。

今回は不動産売却の流れについてです。


不動産投資を行っている方は
出口戦略も考えていると思います。

出口とは売却する事を指しますが、
売却して利益を出す。
これをキャピタルゲインと言います。

対して家賃収入を得る事を
インカムゲインと言います。

今回私は品川と新宿の物件を
売りに出しました。

品川は先日売買契約を締結しました。

売却までの登場人物を絵にしてみました。
売買のイメージ.jpg


不動産を持っているオーナーが
物件を売りたい。
と仲介会社に売却依頼を出します。

仲介会社は取引のある不動産会社や
投資家に物件を紹介します。

双方の要望がマッチすると

不動産会社とオーナーで
売買契約書を結びます。

不動産会社は物件を買う約束をしましたが、
登記はせず、転売します。

物件を欲しい投資家さんに売り
売主に売買代金を支払います。
登記が移り取引完了。

ではお金の流れはどうかというと。

オーナーが2000万円で売りに出した場合
不動産会社が2000万円で買いたいと言った場合
契約締結です。

仲介手数料を約70万円仲介会社に支払います。

オーナーの取り分は1930万円。

不動産会社は2000万円で仕入れた物件に利益を乗せて
銀行融資が付くギリギリの金額で売ります。
2300万円~2600万円くらいで
売っていると聞きます。

こうなると投資家さんは利益が出ない事が多いです。



では、少し設定を変えます。

オーナーが物件を売り急いでいる場合。
相続とか緊急にお金が必要になったとか。

その様な場合、
多少安くしてでも早く現金を手に入れたいんです。

それで
仲介会社や不動産会社に依頼します。

仲の良い投資家に物件を直接紹介。

そうすると、投資家は利益の出る安い物件を手に入れる事が出来ます。

投資家にとって大切な事は
物件を紹介してもらえる様な関係を構築しておく事。

これが市場には出回らない
お宝物件となる訳です。

今回も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


普通のサラリーマンでも
マルチキャッシュポイント構築術!
こんな提案をしています。


LINE@友達登録お願いします
興味がある方、何か気になる事などがあればメッセージ頂ければ返信させて頂きます。
>>友達登録はこちらから<<

無料メルマガやってます。
https://twelfth-ex.com/rg/156385/1/
不労所得関連、また私のプライベートの事も
配信しております。
posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする