2019年11月17日

ポンペイ遺跡で感じた事

おはようございます!
Kすけです。

今回はイタリアからの特別版で
ポンペイ遺跡で感じた事をお伝えさせていただきます。

紀元後79年(約2000年前)
栄えていたポンペイの街が火山の噴火によって
一瞬で消滅してしまった。
街は火山灰や有毒ガスで街は埋まり
人々はガスを吸い込み亡くなった様です。
40F02FB1-E399-482E-8E4C-6CB6DF1D3F3B.jpg


約2000年前と言えば日本は弥生時代。
狩猟生活から稲作へと写って来た時代です。

その時代にポンペイの文明は、
街で商店街が出来、
公衆浴場や舞台などもあった様です。
商店街にはバーやカマドから
パンなどを焼いていたとも思える跡が残っていました。

インフラでは石畳の道路や歩道、水道や
下水道が整備されていて
人々はゆとりのある生活を送れていた様です。
蛇口を捻れば水が出ていたと言います。

この時代にこれだけの文明が発達していた様です。

時代も文明も異なりますが、
現代でも日本と新興国を考えると同じくらいの差がある様に思います。

国と国の違いだけではなく、様々な事にこの様な差(ギャップ)が有ります。

このギャップを埋めるとビジネスになる。

改めて、この遺跡を見て感じた事のシェアをさせて頂きました。

先日お伝えしたWebセミナーの案内です。
日時:11月27日
   21時~
テーマ:サラリーマンの為の
不労所得ZOOMセミナー

ご関心のある方は、
下のLINE@で友達登録をお願いします。
案内をお送りさせて頂きます。


今回も最後までお読み頂き
ありがとうございました。

LINE公式アカウント、はじめました!
セミナーに関心がある方はご連絡とスタンプをください。
>>友達登録はこちらから<<
posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | プライベート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください