2020年01月23日

本当の景気対策とは!?

おはようございます!
Kすけです。

前回、消費を増やせば景気は良くなる。
税金を国民から搾取しなくても問題ない。
財源はある。
という事をお伝えしました。

前回の記事
景気が良くならない本当の理由

実際に可能なのですが、
これを政府も財務省もやろうとしません。

その対策とは

必要に応じた国債を発行し
それを国民の為に使う
経済成長.jpg

です。

インフレ2%目標なら
2%インフレする程度の国債を発行し、
国民に還元できるようにすれば良い。

それを今は量的緩和という手法で
行っているのですが、そのお金の殆どは
国民には還元されていません。

長引く不況でみんなお金を借りようとしなかった。
政府が借金が多くて大変!
破綻するなんて言うから
誰もそんな国でお金借りて
何か事業を起こそう!
頑張ろう!
なんて思わないです。

それが原因の1つでもあります。

だから
国が株を買って株高にしたり
企業が利益を内部留保したり
対外純資産を増やしたり(アメリカへ)
こんな事になるんです。
対外純資産は圧力かもしれませんが。。。


なぜ、効果的な対策を取らないのか?

なんらか政府や財務省にとって都合が悪い事があるのか?
財政法第5条?
財務省の役割(税金を増やす事)?
他国とのバランス?
それとも政治家が無知?

これらの事があるのか?
正直具体的な事は分かりません。


でも本来の対策は

社会保障等の税金を最小限まで減らし
消費税は撤廃。
ポイント還元率等を上げて、10年継続。

これだけでも消費は増えると思います。

サラリーマンさんは
毎月知らないうちに結構な額の税金を取られています。

搾取されている税金が減ると手元に残るお金が増えます。


そして消費税がゼロになったら?
買物してポイントが仮に20%還元されたら?
それがずっと続くと約束されたら?

消費意欲が出てきませんか?

消費が増えるという事は
前回お話しした
インフレのスパイラルが生まれます。

国民の所得が増え、益々消費が伸びる。

物価が上がるスピードより所得が伸びれば問題ない訳です。
それを調整するのが日銀です。

インフレは
お金の価値が下がるという事ですね。

身近な具体例です。

仮に1個100円だったリンゴが
1個150円になったら。

150円出さないと買えない。

でも所得は200円に増えている。

それがインフレ(物価上昇)が上手く回っている状態です。
この様に消費がどんどん伸びてくると
インフレが加速します。

そうすると
国債の額も返済可能になります。

そして。
その時、初めて税金を上げれば良いのです。


国債を発行し上記の様なやり方で
国民に還元する。

そして自国通貨建ての日本は
それが可能です。



国債を発行するとハイパーインフレになり
財政破綻する

という学者さんや政治家さんが居ますが

そもそもここ30年。
国債発行額は増える一方。
でもデフレな状態。
日銀があれだけ頑張っても公言しても
インフレ2%も達成できない。

そして金利もどんどん下がり
今ではほぼゼロ。

ハイパーインフレどころか
デフレで仕事が無くなり経済が回らなくなる。

この方が危機的状況です。

このブログでは、
普通のサラリーマンでも出来る資産運用や
私のプライベートについてお伝えしています。



今回も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


普通のサラリーマンでも
マルチキャッシュポイント構築術!
こんな提案をしています。


LINE@友達登録お願いします
興味がある方、何か気になる事などがあればメッセージ頂ければ返信させて頂きます。
>>友達登録はこちらから<<

無料メルマガやってます。
https://twelfth-ex.com/rg/156385/1/
不労所得関連、また私のプライベートの事も
配信しております。
posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | 時事・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください