2020年03月21日

仕事への向き合い方!それは資産運用にも通づる

おはよございます。
Kすけです。


先日のブログで
転勤の為に引継ぎをした話をしました。

その中でちょっと気になった事があり。。。

決して悪いとかどうこう言う訳ではないのですが。

前任者と引継ぎを行う中で次年度、
1億円の提案をしている事を知りました。

1億と言えば我が社の中でも大きい部類の案件です。
よく予算付けまで持っていってくれました。

感謝です。

でもその案件の引継ぎをしている中で
出てきた言葉に唖然!

それは、
「技術が求めるヒアリングシートをしっかり埋めてるよ。」

というこの言葉。

それは技術サイドがお客様を理解する為と精度の良い積算をする為に渡されているモノです。
それはとても大切な事だと思います。

それはそれでやれば良いのですが。
それ以上の事はあまり考えていない様な雰囲気が強いんです。


お客様の事を聞いても答えられない。


例えば
お客様の今の課題であったり
今回の事を達成する事でどんな改善が出来るのか?
一つの一つの要望の真意は何なのか?
何故、○○をお客様は求めているのか?

この様な事をスルーして表面的な事ばかり把握しようとしているんです。

機能はどうだ?
他社の提案はどうだ?
他社はどんな事を言ったのか?

技術から聞かれている事
上司から聞かれそうな事
を必死で聞こうとする。

まぁ真面目で良いのですが。。。

でも。もっとお客様の事を
しっかり理解した方が良いんじゃない?

上司に聞かれる事なんて、
お客様を理解すれば必然的に分かる話で。



そして極め付けに出た言葉は

「負けたら負けたで仕方ないよ。
俺のせいにすれば良い。」

私よりも年配で経験も豊富な営業マン
私に気を使って頂いたんでしょうけど。

でも・・・

私は言葉に詰まりました。



お客様は何かに困っているから
1億円かけてそれを解消しようとしている。
それだけ根深い問題があるはずです。
問題が複雑に絡み合っているかもしれない。
もしかしたら、お客様自身も自分の言葉で話すことが出来ないかもしれない。

それを営業が一緒に掘り起こし
技術的な部分は技術者が解決策を。
営業はお客様と同じ方向を向き悩みを共有する。
そして全体のコーディネート。

その業務は5月にプロポーザルというやり方で発注する様です。

そのプロポーザルの準備には約2ヶ月必要。

その準備の時にどれだけ
頼ってもらえるか。
それが生命線。

このままじゃ間に合わない!
資料作りも
人間関係も


今からテコ入れが必要!

埼玉の事もやりながら千葉の案件も進める!

それは正直、未経験の事
そしてルールを無視!

でも勝つ為にはやるしかない!

私も仕事に一生懸命なんですよ。
そして
勝つために自ら考え行動する。

それが批判される事もある訳ですが。。。


ただ、これ仕事だけではなく
資産運用も同じだと思います。

誰かが良いというから。
何となく大丈夫そうだから。

ではなく自ら考え調べてみて
自分の中で根拠を持って行動する。

とても大切な事だと思うんです。

私自身も出来てなく・・・

自戒の意を込めて

今回も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


普通のサラリーマンでも
マルチキャッシュポイント構築術!
こんな提案をしています。


LINE@友達登録お願いします
興味がある方、何か気になる事などがあればメッセージ頂ければ返信させて頂きます。
>>友達登録はこちらから<<

無料メルマガやってます。
https://twelfth-ex.com/rg/156385/1/
不労所得関連、また私のプライベートの事も
配信しております。
posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください