2020年05月20日

有事に備えた対策について

おはようございます。
Kすけです。

このブログでは、
普通のサラリーマンでも出来る資産運用や
私のプライベートについてお伝えしています。


前回、こんな事を書きました。

これから世の中で起こる事

その中で以下の内容。

これから必須となるのは
・第一に自分に力を付ける事
・第二に投資するなら分散する事
・第三に現物資産を持つ事

少し内容をお伝えすると

1つ目は
自分の今の仕事を横展開するとか
趣味や特技など、人が欲しいと思う力を
人が役に立つ内容にして提供する。

これが一番近道かな?
と思いますが、これは私も勉強中。

2つ目は
これからの時代、激動の世の中になります。
正直、予期せぬことが起こるかも!
だから、様々な分野でリスクを分けておく。
株式も投資信託も現金も外貨も。


3つ目は
2つ目と被るのですが、
やっぱり不動産ではないかと思います。
他には現物の金や農業

どんな投資にもリスクは有りますが、
現物資産の良い所は

裏切らない事



株式も投資信託も。少数の人で意図的にコントロールする事が出来ます。
外貨預金も為替変動リスクがあります。

もちろん、不動産だってあります。
価格下落、空室リスクなど。
でも物件選びに失敗しなければ
物として価値が残ります。

よほど自信が有るモノでない限り
一極集中を避けて
幾つか資産を振り分ける事が大切かと。

有事の際を考えてです。

どの様なケースではどうなるのか?
という部分は改めてお伝えしますが
単純に、日本円が安くなったらどんな影響が出るでしょうか?
という視点で考えても分かり易いかと。


為替なんて日本円使ってるから関係ない!
そう思うかもしれませんが。。。

違います。

日本は輸入大国。
食料品1つとっても大半は輸入。

例えば小麦
これを使った商品。
そこら中にいっぱいありますね。

小麦が高くなれば商品の値段も上がります。

経済は連鎖していますから
1つの事がかなりの範囲に影響します。

1つの例を出しましたが
様々な分野で同様の事が言えます。

円安になれば輸出は景気が良いですが
輸入品は高くなる。
普段買っている商品が高くなる。
高くなるくらいなら良いですが、
モノが手に入らなくなったらどうですか?
それが暫く続いたらどうですか?

それがリスクですね。

ピンポイントでお伝えしましたが

実はこのような事をお伝えしているのは
理由があります。

コロナの影響に関してなのですが
次回、その理由も含めてお伝えします。


今回も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


普通のサラリーマンでも
マルチキャッシュポイント構築術!
こんな提案をしています。


LINE@友達登録お願いします
興味がある方、何か気になる事などがあればメッセージ頂ければ返信させて頂きます。
>>友達登録はこちらから<<

無料メルマガやってます。
https://twelfth-ex.com/rg/156385/1/
不労所得関連、また私のプライベートの事も
配信しております。
posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | 時事・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください