2020年05月22日

コロナの影響って?前編

おはようございます。
Kすけです。

このブログでは、
普通のサラリーマンでも出来る資産運用や
私のプライベートについてお伝えしています。

今回からは
前回の最後に伝えた
コロナによる影響についてです。
これからどうなっていくのか?
その為に今の状況を整理してみました。


1月末頃から騒ぎ始めた新型コロナ
約2ヶ月で全世界に広まり
それが今も続いています。

5月も中旬を過ぎ日本でもやっと
第一波が過ぎ去ろうとしている?状態。

ニュースでは
今までは感染者数の推移、感染防止。
医療体制や検査。
観光、飲食などの打撃の事。
これらが主に取り上げられました。

起きた出来事を他の視点も踏まえ
掻い摘んでピックアップすると
・日経平均やドル円の乱高下
・世界主要都市でロックダウン
・日本も五輪延期の直後に緊急事態宣言
・FBB、日銀の国債無制限買入
・日銀ETF買い12兆円
・出入国規制
・緊急経済対策115兆円
・原油価格史上初のマイナス

そして、倒産、廃業も
今までは個人経営や中小企業が中心でしたが、大手企業も倒産し始めるかもしれません。
倒産件数はまだ多くありませんが
廃業はかなり多い。

トヨタも8割減益
ソフトバンクも1兆円の赤字
航空業界も9割減益
レナウンは有名ですが、これはコロナの影響がどの程度なのか?


特にコロナの影響が顕著だったのは
観光、宿泊、小売、娯楽、飲食といった分野

移動や接触を伴う分野は軒並み影響が直撃。

先日もお伝えしましたが
経済は連携しています。

1つのモノを消費者が買うまでに
多くの人が携わっています。
部品を提供する人
作る人
運ぶ人
売る人

これからはその他の分野にもボディーブローの様に影響が及ぶと思われます。
製造、インフラ、建設、不動産、エネルギー、金融などなど。
殆どの分野で影響が出ると思われます。

今はまだ過去の蓄えがある為、持ち堪えている業界も多いと思いますが、その蓄えが尽きて来ると

生産が止まったり
流通が止まったり
給料が減給されたり

影響はじわじわと出始めると思います。

長くなったので、続きは次回

次は、それによる将来的な影響についてです。
必ずそうなるとは限りませんが、
可能性の1つとして対策を取るための1つとして捉えて頂ければと思います。

今回も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


普通のサラリーマンでも
マルチキャッシュポイント構築術!
こんな提案をしています。


LINE@友達登録お願いします
興味がある方、何か気になる事などがあればメッセージ頂ければ返信させて頂きます。
>>友達登録はこちらから<<

無料メルマガやってます。
https://twelfth-ex.com/rg/156385/1/
不労所得関連、また私のプライベートの事も
配信しております。

posted by Kすけ at 06:35| Comment(0) | 時事・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください