2020年05月24日

コロナの影響って?後編

おはようございます。
Kすけです。

このブログでは、
普通のサラリーマンでも出来る資産運用や
私のプライベートについてお伝えしています。

前回は
コロナの影響って?前編
という内容をお伝えしました。

今回は後編です。


実際コロナがどの程度で収束するのか?
5月末の宣言解除で収束するのか?
それとも第二波、第三波と。。。
また宣言復活?
復活しないまでも自粛強化?
正直、そこは分かりません。

ただ、いずれにしてもコロナは無くなる訳ではないので、暫く経済の動きは鈍ると思います。

その様な想定の中でも影響が
軽度の状態
予測の範囲
重度の状態

これらの状態を想定しておくべきではないかと思います。

軽度の場合は良いと思うので
今回の内容は
予測の範囲~重度の場合です。

影響の大小も
蓄えがある人、少ない人
仕事の安定している人、不安定な人
でダメージは異なります。

コロナ影響マップ.jpg

また影響が直撃し、影響が大きいのは
接客や対面仕事、インフラ関連仕事の人。
そして
蓄えが少なく、不安定な仕事の人。

誰もが均一では無いですが、
徐々に影響は広まっていく。
そう感じています。



まず、直近の動きですが。
・1人10万円の給付
・持続化給付
などで今、生活が厳しい人も一時的にはしのげると思います。
でも長くはもたない。

ベーシックインカムの様な継続性が無いと。

そして
安定した仕事をしている人も。

仕事量が減ったり
何かの欠如で生産できなかったり
前回話した経済の連鎖で売上に影響が出始めると思います。

会社の蓄えや体力が持たなくなると
事業規模縮小、事業切り捨て。
減給やボーナス減、リストラなど。


少なからず影響が出始めると思います。


そして宣言が明けるにしても。
それなりに自粛は残るし
一気に需要が元通りにはならない。

後遺症が暫く残ると言うか・・・
第二波も意識するでしょうし。


視点を変えると
逆に伸びる分野もあると思います。
新しく生まれる分野も出て来るでしょう。

家で過ごす事が多くなれば・・・
直接会えないなら・・・
収入が減るなら・・・

どんなモノが求められるのか?
という事を考えてみると必要なモノが出て来そうですね。

そして、同じ分野でも需要が高まるモノと減るモノがある。
これも忘れてはいけませんね。

考え方次第では
ピンチはチャンスにもなりますね。



怖いのはこちら。
重度の方。

連携している経済の歯車が狂う事。

多くの業界で倒産が相次ぎ、焦付きも発生。
生産する事が出来なくなり、
職を無くす人が溢れ、商品が欠品。
そうなると一定期間世界的に経済が回らなくなる。

FRBも日銀も
国債大量買入れ。
使い道を間違えれば金融崩壊に繋がる可能性も。

いつ、デリバティブ問題
様々な方面で焦付き、不良債権化から
ドイツ銀行ショックが起こるか分からない。

そして、日本でも
農林中金、ゆうちょ
といった金融機関が所有する
大量のデリバティブ。
これらがいつ弾けるか分からない。

預けている資金が吹っ飛ぶ可能性だってありますから。

これらの問題は時間差で
やってくるかもしれない。

少し怖い内容でしたが、
可能性としてゼロではありません。

コロナ感染という直接の影響だけでなく
2次被害を被る事だってあります。
こちらの方。もっと怖いかもしれません。

コミュニティでは
この様な内容に加え発生する可能性のある事を時系列に、2024年まで考え対策をお伝えしてきました。

基本は
・個人のスキルアップ
・分散投資
・現物資産

やはりバランスよく動きを見ながら
慎重に進め危険を回避する。

これが大切だと感じています。



そして、コロナショックは
技術の進歩を後押しするかもしれない。

第四次産業革命

これらの時期が少し早まってやってくる可能性もあるか?
そうも感じています。

今回も最後までお読み頂き
ありがとうございました。


普通のサラリーマンでも
マルチキャッシュポイント構築術!
こんな提案をしています。


LINE@友達登録お願いします
興味がある方、何か気になる事などがあればメッセージ頂ければ返信させて頂きます。
>>友達登録はこちらから<<

無料メルマガやってます。
https://twelfth-ex.com/rg/156385/1/
不労所得関連、また私のプライベートの事も
配信しております。
posted by Kすけ at 08:00| Comment(0) | 時事・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください